放課後児童クラブ b&gおおむら

施設紹介

b&gおおむら のコンセプト

  法人理念「地域に根ざした児童福祉」に基づき、地域のご家庭と一緒に、明るい未来を担う子どもたちの養育に携わりたいと考えています。「子育て」は家庭や学校の中だけで完結するものではありません。親族や友人、地域の支えがあって、子どもたちが健やかに成長していきます。しかしながら、昨今、核家族化や人間関係の希薄さにより、子育てを一人で抱え込む親が増えています。また、共働き家庭の増加で、子どもと十分な時間を過ごすことができない家庭もあります。b&gおおむらは、ただ「子どもをお預かりする」場所でなく、子どもが安心して過ごせる居場所であると同時に、ご家庭の悩みや問題に寄り添い、一緒になって子どもたちの養育を考える、地域の居場所でありたいと考えています。

 

養育方針

子どもたちが生きるうえで必要な「5つの力」を育てます。

①「問題解決力」②「コミュニケーション力」③「表現力」④「生活力」⑤「学力」


特色

 -子どもの挑戦(チャレンジ)を応援します。その中で、成功体験だけでなく、失敗という大きな学びも大切にしていきたいと考えています。子どもの挑戦には、多少のリスクを伴う場合がありますが、状況に応じて、スタッフは根気強く待ち、子ども自身による体感型の学びを促していきたいと考えていますので、保護者の皆様もご理解・ご協力よろしくお願いします。


 -ルールは子ども達とスタッフが話し合って作り、みんなが「楽しい」場所を目指します。大人が子どもの話を聴く機会を大切にし、相談室などを設けています。また、子どもたちの中で話し合い、解決できることは子どもたち自身での解決を促していきます。

 

 -子どもが自由に表現できる場でありたいと考えています。そのため、b&gおおむらでは、自由に落書きできる壁や、広いロフト空間、外にはグラウンドや土遊び場を設け、子どもが表現できる環境を整えています。

 

 -食べることや体をきれいにすることは生きる上でとても大切なことです。b&gおおむらでは子どもたちと一緒に料理ができるキッチンがあり、お風呂や洗面台もあります。手洗いやうがい、歯磨きなど、生活習慣を身につけてもらうよう支援します。

 

 -学力の向上は、子どもたちの将来の可能性や選択肢を増やす上で重要です。建物内には学習スペースや図書室があり、学校の宿題や、読書ができる場所になっています。また、学力は机上のものだけではありません。野外学習や社会見学など、子どもたちの知見が広がる取り組みを行っていきます。

ご利用案内

対象:基本は富の原小学校区と竹松小学校区の小学生(13年生を優先)   

定員:40名 ※応募多数の場合は、一人親家庭や、その他支援が必要なご家庭を優先します。

開館:月曜日~金曜日の午後1時~9時(夏休みなども同じ。土・日曜日、祝日は基本的にお休み。)

ご利用料金:月額 20,000円 

※社会貢献の一環で、平成3010月から2年間、児童扶養手当を受ける一人親家庭、生活保護家庭、準要保護家庭の利用料等は無料とさせていただく予定です。

※夏休みも含め、月の利用日数や、イベント参加可否に関わらず定額となります。夕食や入浴は自由ですが、夕食代は一食300円。利用回数分をお支払いいただきます。

保険料:800円(一人当たり年額)

アクセス

住所長崎県大村市原口町591-1

近隣駅JR大村線 竹松駅から約0.6km

長崎県営バス 「原口」バス停から50




お気軽にお問い合わせください。

b&gおおむら 宮路・西川 Tel: 0957ー47ー9421  (13:00 - 20:00)